TOP > エンターテインメント > ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

ベルギー奇想の系譜
ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで 東京公演 関西公演 九州公演 その他公演

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

エポスカード会員様ご優待

席種・料金

【前売】
一般 1,300 1,240円
大高 800 760円
中小 500 480円
  • ※会期中も前売料金でご優待

開催期間

Bunkamura ザ・ミュージアム

2017年7月15日(土)~9月24日(日)


  • 開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
    ※夜間開館:毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
  • 休館日:7/18(火)、8/22(火)
  • ※営利目的の転売禁止
  • ※価格はすべて税込表示です。
  • ※チケットの購入には別途手数料が必要です。
  • ※本公演のチケット購入代金のお支払いにはVisa付エポスカード(プリペイド含む)のみご利用いただけます。
  • ※チケットご予約後の変更・キャンセルは出来ませんので予めご了承ください。
  • ※チケットに関するお問い合わせや、予約完了メール未着等の場合は、CNプレイガイド03-5800-3799(年中無休 10:00〜18:00)までご連絡ください。

公演内容

ベルギー奇想の系譜
ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

500年の美術の旅――
古今のスター作家が勢揃い

現在のベルギーとその周辺地域では、中世末期からの写実主義の伝統の上に、空想でしかありえない事物を視覚化した絵画が発展しました。しかし18世紀、自然科学の発達と啓蒙思想がヨーロッパを席巻するなか、不可解なものは解明されてゆき、心の闇に光が当てられるようになります。かつての幻想美術の伝統が引き継がれるのは、産業革命後の19世紀、人間疎外、逃避願望を背景とした象徴主義においてでした。画家たちは夢や無意識の世界にも価値を見出し、今日もこの地域の芸術に強い個性と独自性を与えつづけています。本展では、この地域において幻想的な世界を作り出した一連の流れを、ボス派やブリューゲルなどの15・16世紀のフランドル絵画に始まり、象徴派のクノップフ、アンソール、シュルレアリストのマグリット、デルヴォー、そして現代のヤン・ファーブルまで、およそ500年にわたる「奇想」ともいえる系譜を、約120点の国内外の優れたコレクションによってたどります。