TOP > エンターテインメント > シアターコクーン・オンレパートリー2017『欲望という名の電車』

シアターコクーン・オンレパートリー2017『欲望という名の電車』 東京公演 関西公演 九州公演 その他公演

シアターコクーン・オンレパートリー2017『欲望という名の電車』

エポスカード会員様受付

席種・料金

S席 10,500 ※定価販売
A席 8,500

スペシャル特典

エポスカードのご利用で エポスポイント10倍

対象の公演日

2017年

=S席 =A席

会場: Bunkamuraシアターコクーン(東京)

  • ※営利目的の転売禁止
  • ※ポイント倍率はVisa加盟店での通常1回払いご利用時との対比です。
  • ※「JQ CARD エポス」をお持ちの方は、エポスポイントではなく「JRキューポ」が貯まります。
    詳しくはこちら≫
  • ※価格はすべて税込表示です。
  • ※未就学児入場不可
  • ※チケットの購入には別途手数料が必要です。
  • ※本公演のチケット購入代金のお支払いにはVisa付エポスカード(プリペイド含む)のみご利用いただけます。
  • ※この販売は、必ずしも良席を保証するものではございません。
  • ※チケットご予約後の変更・キャンセルは出来ませんので予めご了承ください。
  • ※キャスト変更に伴うチケット代金の払い戻し、公演日や券種の変更はございません。あらかじめご了承ください。
  • ※チケットに関するお問い合わせや、予約完了メール未着等の場合は、CNプレイガイド03-5800-3799(年中無休 10:00〜18:00)までご連絡ください。

公演内容

シアターコクーン・オンレパートリー2017『欲望という名の電車』

現代アメリカにおける最高の劇作家といわれるテネシー・ウィリアムズの名を世界的に高めた不朽の名作『欲望という名の電車』。1947年にブロードウェイ で初演の幕をあけて記録的なヒットを重ね、ピューリッツア賞などそのシーズンのほとんどすべての賞を受賞。51年にはヴィヴィアン・リーのブランチ、マーロン・ブランドのスタンリーで、エリア・カザン監督によって映画化され、アカデミー賞を受賞するなど大ヒットしました。
今なお世界中で上演され続けているこの『欲望という名の電車』が、2002年の蜷川幸雄演出以来、実に15年ぶりにBunkamuraシアターコクーンに登場致します。

本作を手掛けるのは、いま英国で最も注目を集める演出家の一人フィリップ・ブリーン。
日本での演出家デビューとなった2015年のシアターコクーンプロデュース公演『地獄のオルフェウス』で成功を収め、さらに戯曲を丁寧に紐解き、繊細に描く演出で俳優陣とも厚い信頼関係を築いた。
気鋭の英国人演出家が、再びテネシー・ウィリアムズの最高傑作に挑みます!

作:テネシー・ウィリアムズ
翻訳:小田島恒志
演出:フィリップ・ブリーン
美術:マックス・ジョーンズ

[出演]
大竹しのぶ、北村一輝、鈴木 杏、藤岡正明、少路勇介、粟野史浩、明星真由美、上原奈美、深見由真、石賀和輝、真那胡敬二、
西尾まり