TOP > エンターテインメント> 市川右近改め 三代目 市川右團次 襲名披露 二代目 市川右近 初舞台「壽新春大歌舞伎」

壽新春大歌舞伎
市川右近改め
三代目 市川右團次 襲名披露
二代目 市川右近 初舞台東京公演

壽新春大歌舞伎
市川右近改め
三代目 市川右團次 襲名披露
二代目 市川右近 初舞台東京公演

市川右近改め 三代目 市川右團次 襲名披露 二代目 市川右近 初舞台「壽新春大歌舞伎」

市川右近改め 三代目 市川右團次 襲名披露 二代目 市川右近 初舞台「壽新春大歌舞伎」

エポスカード会員様ご優待

席種・料金

一等席
18,000
16,500

スペシャル特典

オリジナルてぬぐいプレゼント!

  • ※営利目的の転売禁止
  • ※価格はすべて税込表示です。
  • ※未就学児童は、満4歳以上よりお1人様につき1枚チケットが必要になります。
  • ※チケットの購入には別途手数料が必要です。
  • ※本公演のチケット購入代金のお支払いにはVisa付エポスカード(プリペイド含む)のみご利用いただけます。
  • ※この優待販売は、必ずしも良席を保証するものではございません。
  • ※チケットご予約後の変更・キャンセルは出来ませんので予めご了承ください。
  • ※キャスト変更に伴うチケット代金の払い戻し、公演日や券種の変更はございません。あらかじめご了承ください。
  • ※チケットに関するお問い合わせや、予約完了メール未着等の場合は、CNプレイガイド03-5800-3799(年中無休 10:00〜18:00)までご連絡ください。

公演内容

壽新春大歌舞伎
市川右近改め
三代目 市川右團次 襲名披露
二代目 市川右近 初舞台

昼の部
近松門左衛門 作
戸部銀作 脚本・演出
奈河彰輔 脚本・演出
市川猿翁 脚本・演出
石川耕士 補綴・演出
三代猿之助四十八撰の内
通し狂言  雙生隅田川(ふたごすみだがわ)
吉田少将館奥殿より
琵琶湖鯉つかみまで
市川猿之助
市川右團次 宙乗り相勤め申し候
市川右 近
  猿島惣太後に七郎天狗/奴軍介
班女御前
大江匡房
梅若丸/松若丸
吉田少将行房
県権正武国
右近改め 市川 右團次
市川 猿之助
市川 中 車

初舞台 市川 右 近
市川 門之助
市川 海老蔵
夜の部
一、源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
義賢最期
  木曽先生義賢
下部折平実は多田蔵人
市川 海老蔵
市川 中 車
二、三代目市川右團次襲名披露 口上(こうじょう)
    右近改め 市川 右團次
幹部俳優出演
河竹黙阿弥 作
三、錣引(しころびき)
摂州摩耶山の場
  順礼七兵衛実は悪七兵衛景清
虚無僧次郎蔵実は三保谷四郎
右近改め 市川 右團次
中村 梅 玉
木村富子 作
四、猿翁十種の内  黒塚(くろづか)
  老女岩手実は安達原の鬼女 市川 猿之助

プロフィール

初代 市川右近 改め
三代目 市川右團次
 
昭和三十八(一九六三)年十一月二十六日、日本舞踊飛鳥流家元飛鳥峯王の長男として大阪に生まれる。本名・武田右近。昭和四十七(一九七二)年六月南座『大岡政談天一坊』の忠右衛門で本名にて初舞台。以後、三代目市川猿之助(現・二代目市川猿翁)の舞台に子役として出演し、昭和五十(一九七五)年七月歌舞伎座『二人三番叟』の附千歳で市川右近を名乗り、市川猿之助の部屋子となる。昭和六十三(一九八八)年九月PARCO劇場『伊吹山のヤマトタケル』では、初主演を経験し、後に右近を座頭とした「二十一世紀歌舞伎組」の結成に至った。また平成五(一九九三)年八月には国立劇場において「第一回 市川右近の会」を主宰するなど、猿之助一門の若きリーダーとしても活躍。主な当り役に、『義経千本桜 鳥居前・川連法眼館』忠信実は源九郎孤、『華果西遊記』孫悟空、『平家女護島』俊寛僧都、舞踊では『太閤三番叟』太閤秀吉など。また平成二十(二〇〇八)年三月新橋演舞場の『ヤマトタケル』を主演している。猿之助の演出の片腕としても活躍する他、平成二十八年(二〇一六)年二月にはオペラ『夕鶴』にて演出を務めた。

二代目 市川右近
 
平成二十二年(二〇一〇)年四月一八日生まれ。本名・武田タケル。
平成二十八年(二〇一六)年六月歌舞伎座『義経千本桜』において、銀平娘お安実は安徳帝で初お目見得。